けんぞーの佐賀で過ごす自堕落な日々

ショートショート作家/けんぞーのショートショート:http://kenzo-shortshort.hatenablog.com/twitter:kenzo_moratoriu

けんぞーの本棚

ひろゆき【西村 博之】(著)無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

ひろゆき【西村 博之】(著)無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21を読んだ

pha(著) #ひきこもらない

pha(著)ひきこもらないを読んだ

ゆうき ゆう(監修) 汐街 コナ(著) #死ぬくらいなら会社辞めればができない理由

ゆうき ゆう(監修) 汐街 コナ(著)死ぬくらいなら会社辞めればができない理由を読んだ

石川 結貴(著) #スマホ廃人

石川 結貴(著) スマホ廃人を読みました。

エドワード・スノーデン他(著) #スノーデン日本への警告

エドワード・スノーデン他(著)スノーデン 日本への警告を読みました。

真壁 昭夫(著) #仮想通貨で銀行が消える日

真壁 昭夫(著)#仮想通貨で銀行が消える日を読んだ

神永 学(著)浮雲心霊奇譚 赤眼の理

神永 学(著)浮雲心霊奇譚 赤眼の理を読んだよ

有栖川 有栖(著)幻想運河

有栖川有栖(著)幻想運河を読んだ。

赤城 智弘 他(著)下流中年 一億総貧困化の行方

下流老人 一億総貧困化の行方という本を読んだ

一橋 文哉(著)経済ヤクザ

一橋 文哉(著)経済ヤクザを読んだ

神永 学(著)心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い

神永 学(著)心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願いを読んだという話

高村 友也(著)自作の小屋で暮らそう

高村 友也(著)自作の小屋で暮らそうという本を読んだ話

仁藤 夢乃(著) 難民高校生 絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル

仁藤 夢乃(著) 難民高校生 絶望社会を生き抜く「私たち」のリアルという本を読んだ感想

アケミン(著)うちの娘はAV女優です

アケミン(著)うちの娘はAV女優ですを読んだ感想。

小野 一光(著) 震災風俗嬢

小野一光(著)震災風俗嬢を読んだ報告です。

中村 淳彦(著) 名前のない女たち 貧困AV嬢の独白

読んでいてしんどいというわけではないけど、やはり楽しいものではない。それでも1日で読み終えてしまった いまAVの世界は華やかなイメージが有る アイドルとして活動したり、企業とタイアップしたり、深夜とは言え地上波のテレビに出てるなんて当たり前の世…

北島 圭(著) 実録・サイバー攻撃の恐怖 あなたの“すべて”が狙われている!

ブラックハッカーに取材してて面白かった 前回読んだ本より濃い内容のサイバーセキュリティ本を探していたら、たまたま本屋で目についたので買ってしまった 前回読んだ本↓ www.blogkenzo.com ※画像をクリックするとamazonのリンクへ飛びます

有栖川 有栖(著) 怪しい店

有栖川有栖(著)怪しい店を読んだ

齋藤 ウィリアム 浩幸(著) 超初心者のためのサイバーセキュリティ入門

齋藤 ウィリアム 浩幸(著) 超初心者のためのサイバーセキュリティ入門を読んだ感想。

音 真司(著) Fランク化する大学

音 真司(著) Fランク化する大学を読んだ報告ブログ

清水 亮(著) 教養としてのプログラミング講座

清水 亮(著) 教養としてのプログラミング講座

見波 利幸(著) 心が折れる職場

見波利幸(著)心が折れる職場を読んだ

古市 憲寿(著) 古市くん、社会学を学び直しなさい!!

この本は社会学者の古市 憲寿氏が12名の社会学者にインタビューしてる本。「社会学とは何か」という問から対話が広がりを見せていく ぼくは、『社会学とは文系の学問から、文学、経済学、法学などメジャーな感じのものを差っ引いていって残ったものが社会学…

海老原 嗣生(著) お祈りメール来た、日本死ね「日本型新卒一括採用」を考える

雇用について学びたい時は、海老原氏の著書を読むと良い この本を読んでなお、あなたは日本型新卒一括採用を糾弾することができますかと言いたい(別に日本型新卒一括採用が素晴らしいと言いたいわけじゃなくて、日本型雇用の悪いところ、海外の雇用の良いと…

伊東 寛(著) サイバー・インテリジェンス

戦争の歴史の中で、暗号技術がどのように発展していったのかという話が面白かった ※上の画像をクリックするとamazonのリンクへ飛びます

真山 仁(著) 売国

けんぞーの本棚、第二弾! 今日は小説 ※上の画像をクリックするとamazonのリンクへ飛びます

まろやかな狂気 夢眠ねむ作品集 

けんぞーの本棚では、僕が読んだ本を挙げていきます 語彙力・表現力・知識などがないため、感想文や書評的なものは書きません 第一弾はこちらです ※上の画像をクリックするとamazonのリンクへ飛びます