けんぞーの佐賀で過ごす自堕落な日々

ショートショート作家/けんぞーのショートショート:http://kenzo-shortshort.hatenablog.com/twitter:kenzo_moratoriu

神永 学(著)浮雲心霊奇譚 赤眼の理

 

心霊探偵八雲でお馴染みの神永学の小説

タイトルだけ読むとどんな話なのかと思ったけど、八雲同様ミステリ作品だ

ここでも心霊現象は飽くまで事件が始まるきっかけだったり、事件解決の要素だったりする

本作は、江戸時代を舞台に憑物落としの浮雲が、絵師を志す青年八十八と事件を解決していく

ちなみに浮雲の幽霊に対する考え方は八雲同様『想いの塊』というものだ

神永氏の小説は相変わらず読んでいて心地いい

テンポが良く、読みやすい。そして活字を読んでいるのに頭のなかに映像が浮かんで来る

これもシリーズとして継続しているようなのでこれから文庫化したら絶対読む